FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 名古屋千種支部

お久しぶりです、石山です
ついつい忙しさにかまけてしまいブログの更新を怠ってしまったことお許しください


昨日、錬武会四段助教士、齢六十九、沼田忠晃先生がお見えになり稽古を見学していかれました。

錬武会の初期に十八歳の頃から東京で修行された先生です。

温和そうな方ですが体格も良く五十代半ばまで愛知県連の組手無差別級の強化選手としてご活躍された先生です。

一時期錬武会を離れられましたが復活され、愛知県名古屋千種支部としてご尽力いただく運びとなりました。

今後ともよろしくお願い存じ上げます。

さて、このたび少年部、一般部とも見学して行かれた沼田先生ですが、先生から少年部では礼儀正しさを、一般部では稽古の厳しさにお褒めの言葉をいただきました

「先生(館長)のところの稽古は凄いですな、他の道場の5倍です、この稽古をしていれば試合なんていらない」とまでのお言葉です
(実際はもちろん試合も大切ですなんといっても県連元強化選手です

館長が目指すこころざしにはまだまだ遠く、試合にも勝てず稽古もついて行くだけで必死で、情けなることも多いです、けれど沼田先生から激励をいただきなんだかほっとし、心の栄養にさせていただくことができました。

そして最後にさらに沼田先生から私たちに大切なお言葉をいただきました。

「まずはこの稽古が終わって考えてください、まず長江館長が鍛えてくれた肉体の限界の殻をどのように破るのか、そして今の技にどのように生かすのか」等々。
(・・・実はすごく感心したすばらしいお話がいっぱいあったのですが稽古に疲れ果てていて無の状態で・・・。おはずかしながら忘れてしまいました吉田さんは絶対覚えていると思うので金曜日教えて下さいませ☆)



一般部の稽古は本当にきついです。(正直体に悪いんじゃないかと思う時すらあります(笑))

一時間半の稽古に出席した時点で戦いが始まっていて、各々が館長が作り出す鍛錬時間を自分なりに何割こなせるか、どの程度でこなせるのか、そもそも最後まで稽古できるのかという不安や緊張感をかかえながら臨みます。
・・・すごい形相になります

そこでは試合用の稽古は一切していないのですが、きっと稽古中の緊張感や不安感のあるそのさまが試合に特化されている沼田先生にはより心通じお褒めの言葉に至ったのだろうなと思いました。

なんだか嬉しくてもってもっともっと鍛錬しなければ!と厳しくなる夏に向けてやる気になりました☆


沼田先生ありがとうございました

そして鍛え続けてくれる館長、気合いのコミュニケーションの友である道場生の皆様方ほんとうにありがとうございます

スポンサーサイト
プロフィール

チームTORA

Author:チームTORA
空手という武道を通して子供たちの健全な育成をめざします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。